2015年3月9日オープン「金沢 彩の庭ホテル」金沢駅から徒歩15分 無料送迎バスで5分の新しい清潔なホテルです。


IMG_0202 (600x548).jpg


石川県金沢市。
北陸新幹線の開通もあり、季節を問わず人気の都市です。
兼六園、金沢城、金沢21世紀美術館、近江町市場、東茶屋街・・・
見どころ満載、グルメ、スイーツなど様々な魅力のある街です。

そんな金沢は、駅前を中心にホテル・旅館が充実しています。
2015年3月9日にオープンしたばかりの新しいホテル金沢 彩の庭ホテル

IMG_0160 (600x587).jpg

IMG_0161 (573x600).jpg

送迎バス (226x159).jpg

写真は、無料の送迎バスです。
金沢駅西口から出ているので、チェックインの時間に合えば、利用すると便利です。
運行していない時間もあるので注意が必要ですが、タクシーに乗っても1メーター(690円)ですので気楽に利用できますね。

時刻表 (550x321).jpg


金沢 彩の庭ホテルの詳細
住所:石川県金沢市長田2丁目4番8号
TEL:076-235-5111 
FAX:076-235-5112
アクセス:JR金沢駅より無料送迎(定時便)あり。
徒歩では15分。
車の場合は金沢西ICまたは金沢東ICより10分。
東京:車以外/電車の場合は北陸新幹線利用で金沢下車。駅から無料送迎有り。
パーキング有り(無料)




IMG_0089 (450x600).jpg

「金沢 彩の庭ホテル」は、4階建ての程よい広さの建物になっていました。
ホテルオープンが今年春なので、新しさと清潔感があり、とても気持ちの良い空間が広がっています。
スタッフの対応も親切で優しいので、安心して利用できるホテルだと思います。

~金沢の別邸~
”当ホテルが掲げるコンセプトは「上質な金沢の空間と時間」を感じていただく「金沢の別邸」です。水と緑に囲まれた施設は、これまで金沢というマーケットにはなかった金沢風のホテルといえます。金沢という街が大切にする四季の感覚、路地に見つける落ち着き、町家が持つ懐の深さなど、街全体が醸し出す凛とした気品と自然と共生する安らぎを兼ね合わせるホテルを目指しました。

このホテルではゲストをお迎えするストーリーを大切にします。ホテルの顔ともなるエントランスは茶屋建築でいう「待合」。出発、到着の際の待ち合わせなどで、大きめのガラス越しに「森の庭」「川の庭」の風情を楽しむことができます。
館内の特徴は金沢の街並みや町家のイメージを館内に取り込んでいることです。金沢の街並みは金沢城を中心に放射線上に伸びる幹線道とともに、幾重にもぐるりと城を巡る道筋が特徴といわれます。館内に「回」のイメージを取り込み、町家に見られる坪庭を思わせる「中の庭」を囲んで、奥に長い回廊が巡る空間が金沢らしさを演出します。客室はさながら、ひとつの町家。奥行きを感じさせるゆとりの広さが、古都金沢を訪れた喜びを実感させることでしょう。”

【公式サイト引用】

金沢の別邸・・ってとても素敵ですよね。
まさにそんな風に利用できる宿泊地です。
金沢駅の西側に位置していることもあり、周囲は静かですし、ゆとりある空間が、マンションに住んでいるかのように感じてしまいました。

大浴場もあるのですが、部屋のお風呂がトイレと分かれているので、ゆったりと入浴を楽しむことができます。
自動販売機も館内にあり、冷蔵庫の利用もできるので、自分で買ってきたものなどもお部屋で楽しむことができるところも自宅のように利用できるホテルという感じ。

お風呂、朝食、部屋の写真など、また載せていきたいと思います。

金沢「彩の庭ホテル」 じゃらんnet>>







この記事へのコメント